【分かりやすく】VARって何?ゼロからVARを解説

ルール・ジャッジ

VARって何??

「VARって何・・・?」

「中継で聞いたことあるけど良く分からない、、」

という方も多いのではないでしょうか。

VARとは、Video Assistant Referee(ビデオ・アシスタント・レフェリー)の略称です。

ピッチ上の主審や副審とは別の場所で、複数の角度のカメラ映像を見ながら審判(主審、副審、第4の審判員)の判断をサポートするシステムのことを指し、主審や副審の判定の間違いを減らすためのものになります。

ではVARがあれば判定の間違いはゼロになり、すべてが正確に判定されるのでしょうか。

答えは、「No」です。

重要なのは、あくまで主審の判断をサポートするシステムである、ということ。

主審のグレーな判定すべてにVARが介入して都度プレーが中断していたら、試合のスムーズさが失われてしまいサッカーの魅力が低下してしまいます。

そのようなことにならないよう、VARの理念として「最小限の干渉で最大の利益を得る」という哲学があります。

そのため、試合結果に直結するような判定や事象のうち、「はっきりとした、明白な間違い」をなくすことがVARの基本的な考えです。

そのような考えからVARが介入できる要件は決まっています

ここで「はっきりとした、明白な間違い」って何でしょうか。

「はっきりとした、明白な間違い」の基準は以下のようになります。

 ①主審の判定に対して、10人中8, 9割の人が誤審だと感じるケース

  ⇒「はっきりとした、明白な間違い」と言える

  ⇒VARは介入する

 ②主審の判定に対して、意見が半々に割れるようなケース

  ⇒「はっきりとした、明白な間違い」と言えない

  ⇒VARは介入しない(主審の判定を尊重する)

VARが介入できる要件は?

ではどんな事象でVARは介入できるのでしょうか?

介入できるのは、次の4つ+見逃された重大な事象、のみです。

 ①得点かどうか

 ②PKかどうか

 ③退場かどうか

 ④警告退場の人間違い

 +見逃された重大な事象

①~④の事象において、「はっきりとした、明確な間違い」があった場合にVARは介入できます。

また、見逃された重大な事象でもVARは介入できます。

見逃された重大な事象とはどのようなものでしょうか?

ピッチ上の審判が事象を確認できずに判定することが出来なかったもの、例えば、プレーとは関係ない場所で相手選手を蹴ったり打ったりした、ペナルティーエリア内で守備側選手がボールを手で扱った、オフサイドというような主審の位置からは見ることができなかった事象が該当します。

VAR介入の流れは?VARが介入したら判定は覆る?

VARが介入できる要件は分かりました。ではVARはどのように介入するのでしょうか。

ファールなどの事象が発生したらすぐに介入する?

ベンチから抗議があったら介入する?

VARが介入したら、すべて判定は覆る?

答えは、すべて「No」です。

VARが介入する流れは次のように決まっています。